合理的配慮とは


 

【 お互いが平等・公正に支えあい、共に活躍するための調整をする 】

 

合理的配慮とは、障害の有無に関わらず平等に人権を享受し行使できるよう、一人ひとりの特徴や場面に応じ、発生する障害・困難さを取り除くための個別の調整や変更のことです。

 

2016年4月1日より施行された「改正障害者差別解消法」により、行政機関や学校、企業などの事業者には、①障害を理由とする不当な差別的取り扱い禁止、②合理的配慮の提供、の両方が求められています。

 

ココピアワークスでは、利用者の障害となっていることが取り除き、「障害」自体をなくすお手伝いをしています。

 

どんな場面でどんな配慮が必要になるかは、メンバー個々の特徴や困りごとによって異なるため、本人と話し合いながら配慮の内容や方法を決めていくことが大切です。

 

 

【 ココピアワークスが大切にしていること 】

 

ココピアワークスでは合理的配慮を行うにあたって、以下4つのステップを大切にしています。

  1. ご本人やご家族、支援者の方とのご相談
  2. ご本人とココピアワークスとの間でより細かなすり合わせ
  3. お互いに合意した内容での配慮行動の実施
  4. 配慮内容についての定期的な見直し、改善

私たちは、障害のある方が自ら自律的な就労にチャレンジすることを目的としているため、本人が必要としていない過剰な配慮は合理的とは言えません。

 

業務の状況も変わる中で、就労支援経過は適切に観察していきます。必要が生じた際にはためらわずに支援計画を作り直し、常に本人にとってベストな支援を定義・提供できるよう心がけています。



まずはお気軽にご相談ください


相談したい方、質問したい方、お仕事を探している方、仕事をお願いしたい方。

どんなお問い合わせでも構いません。スタッフがきちんと確認したのち、

お返事が必要な場合、数営業日以内にお返事いたします。

(営業時間 10:00 - 18:00 / 土日祝休み)