ココピアワークスのコロナ禍の感染対策

ココピアワークスではコロナ禍でありますが、変わらずに運営を続けています。

今回はココピアワークスで実施しているコロナウイルス感染対策について紹介します。

 

 

パソコン業務が中心のココピアでは出来るだけ、席の間隔を開けるように座席を工夫しています。

またB型事業所では席が近い場所はビニールカーテンで仕切りを作り、A型事業所では面談室にアクリルパーテーションを設置し面談を実施することで飛沫感染防止を心掛けています。

出勤前、13時、退勤前には職員が扉や窓、トイレなど消毒を実施しています。

また利用者の皆様にも使ったパソコンは消毒してから退勤していただいてきます。

 

また出勤後には検温を実施し、熱や体調不良がある方は早めに連絡いただき、出勤を控えて頂くようにお願いをしております。

業務中は基本的に職員も利用者の皆様もマスク着用しての勤務になります。

 

また緊急事態宣言が発令された際は、ご自宅で勤務が可能な方のみ特例という形で在宅勤務を実施いたしました。

※現在はまん延防止等重点措置のため、B型事業所の利用者の皆様には出勤をして頂いています。

 

コロナ禍ではありますが、ココピアワークスでは見学体験を随時実施しています。

 

ご興味がある方はお電話またメールにてお気軽にお問合せ下さい!